ウォーターサーバーはどれも同じ?比較ポイント3選!


RO水か天然水で水を選ぶ

ウォーターサーバーといっても、中に入っている水は同じ水ではありません。ウォーターサーバーは全てミネラルウォーターを使用しているわけではなく、水道水を利用して不純物を取り除いたRO水と、採水地が異なる水を使った天然水があるのです。RO水は天然水よりも価格が安く、安全性も水道水よりも高いというメリットがあります。天然水はミネラルが豊富で、美味しいと感じる方も多いです。

ペットボトルの形状で選ぶ

ウォーターサーバーの水は、定期的に配達してもらうことになっています。そのボトルでも各社違いがあるのです。手で簡単に潰せたり、プラスチックの袋でできているものは、1回の使用のみとなります。洗浄を行って使うボトルは雑菌の発生なども気になりますが、ほとんど空気に触れないので衛生面でも安心です。すぐに捨てられるので保管場所に困りません。一方、ボトルを回収し再利用するタイプは、ゴミが出ないのでゴミを増やしたくない方に向いています。水を宅配してもらうタイミングで回収してもらえば、手間もかからずに済みます。

サーバー本体の形状の違い

ウォーターサーバーには大きく分けて、卓上タイプと床置きタイプがあります。卓上タイプはコンパクトなので、キッチンカウンターやテーブルなどに設置することができます。一方、床置きタイプは床に直接置き、屈まなくても水を簡単に注げるメリットがあるのです。小さいお子さんがいるご家庭では、チャイルドロックがあるかどうかなども確認が必要になります。インテリアにマッチするサーバーの形状を選びましょう。

ウォーターサーバーを使うことで、自宅で浄化された水を手軽に飲むことができます。飲料用としてだけではなく、野菜を洗うときやお米を炊くときなど、幅広い用途で使用が可能です。